←アーカイブのメニューに戻る 日韓トンネル研究会のTOPページに行く

事 例

文 献 名 分量
掲載 佐々保雄(1983):青函トンネルの或る日(Ⅰ) -トンネル外史(Ⅰ)、日韓トンネル研究No.1,pp.150-154,1984.5. 1MB
掲載 英仏調査団(1983):ドーバー海峡連絡計画(1)英国運輸省、日韓トンネル研究No.1,pp.156-164,1984.5. 2MB
掲載 蝦名克彦(1983):ジブラルタル海峡計画(1)、日韓トンネル研究No.1,pp.165-169,1984.5. 1MB
掲載 英国運輸省(1985):ドーバー海峡連絡計画(2)、日韓トンネル研究,No2.,pp.139-146,1985.3.
掲載 蝦名克彦(1985):ジブラルタル海峡計画(2)、日韓トンネル研究,No.2,pp.147-154,1985.3.
掲載 佐々保雄(1985):青函トンネルの或る日(2)、日韓トンネル研究,No.2,pp.166-173,1985.3.
掲載 村上良丸(1985):ブルネイ父子とテームズ河第1トンネル(1)、日韓トンネル研究,No.3,pp.164-171,1985.5. 
掲載 英国運輸省・中川学(監訳)(1986):ドーバー海峡連絡計画(3) ー英仏調査団の報告ー、日韓トンネル研究,No4.,pp.179-189,1986.2. 
掲載 ブルネイ父子とテームズ河第1トンネル(2)、日韓トンネル研究,No.4,pp.189-197,1986.2.
掲載 英国運輸省(1986):ドーバー海峡連絡計画(4) ー英仏調査団の報告ー、日韓トンネル研究,No.5,pp.154-165,1986.8. 
掲載 英国運輸省(1987):ドーバー海峡連絡計画(5) ー英仏調査団の報告ー、日韓トンネル研究,No.6,pp.130-143,1987.3.
掲載 英国運輸省():ドーバー海峡連絡計画(6) ー英仏調査団の報告ー、日韓トンネル研究,No.7,pp.120-137,1987.12.
ジャン・ポ-ル・デルボ(1988):ドーバー海峡横断トンネル(1)、日韓トンネル研究,No.8,pp.80-91,1988.10.
ジャン・ポ-ル・デルボ(1989):ドーバー海峡横断トンネル(2)、日韓トンネル研究,No.9,pp.100-106,1989.5.
竹林春夫(1991):英仏トンネルの歴史的意義、日韓トンネル研究,No.11,pp.6-13,1991.5.

 

ページのTOPに戻る